エアロビクスの変貌(ウェア編)

世間ではエアロビクスのことを「エアロビ」と呼ぶが
私たち業界では、これはほとんとエアロビクスを知らない
一般の人だとすぐわかる。
業界では「エアロ」と呼ぶのが普通で、「ビ」をつけるとだいぶイメージが変わる。
正式にはエアロビックダンスというが、そんな呼び方をする人は誰もいない。
私は一般の人とエアロの話をする時は、略さずに必ず「エアロビクス」と言っている。

スポーツクラブに最近行っている人ならわかると思うけど
最近のフィットネスウエアはけっこう地味で、露出も少ない。
私はエアロビクスの指導を10年以上行っているが、かなり変わった。
いわゆるレオタードと呼ぶものはほとんどないと言っていいだろう。

確かに、10年以上前は私もレオタードを着ていた。
っていうか着ざるを得なかった。それが普通だから・・
変なタイツを履いて、スパッツを履いて、Tバック・ハイレグのをその上に・・
キャー!!今考えると恥ずかし~!!ありえない。。
いったいいつから変わったんだろう??
8~10年くらい前かなぁ?少しずつ変わったの・・?

今のスタイルはまったく普通だと思う。
昔がおかしかった。
今の主流はトップスやタンクトップに、ロングパンツか7分丈のパンツ
身体にフィットはしているが、全然派手さはない。
(時にはめっちゃ派手なイントラもいるが・・)
でも、そんな業界に触れない人々は、10年前にテレビなどでやっていた
ビジュアルが残っているのか、未だにレオタードを着て
エッチなインストラクターのお姉さんのイメージがあるようだ。
その昔「毎度お騒がせします」のドラマで、学生の男の子達が
イントラのお姉さんを影で覗いていたように・・。(笑)

今うちのクラブには40名のインストラクターがいるが
想定平均年齢33歳くらいかなぁ??
若くてピチピチのお姉さんはいないけど、私を含めみんな若作り(笑)
でも超ベテラン、色んな意味でレベルの高いメンバー。
唯一、超派手な、露出高い、豹柄やゼブラのレオタードの
お兄さんイントラがいます。足も長くてナイススタイル、ココロはお姉さん??
そこはわからんが面白いし、超人気!!

この先もウエアって変わっていくのかなぁ・・
[PR]

by yoko7121 | 2006-06-11 12:48 | エアロとヨガ  

<< 懐かしい音楽 コーヒーなしじゃ生きていけない! >>